株式会社市民火葬協会

お葬式と葬儀の違い

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

お葬式と葬儀の違い

お葬式と葬儀の違い

2022/12/25

お葬式とは、正式な儀式を行わないのが現代のお葬式である。お坊さんを呼ばない場合や形式的な葬儀を行わない場合お葬式の費用が安く行える。

現代を代表するお葬式の斡旋会社は、小さなお葬式・よりそうお葬式・終楽などのお葬式は安く行える。

但し斡旋会社が決めた葬儀会社がご対応するスタイルの為、遺族はどこの葬儀会社が対応しているのかわからないままお葬式は進んでいく。

葬儀とは、形式的な儀式であり葬儀会社によって決まった流れがあり費用はお葬式よりも高い

葬儀とはこういうものだと形式的な考えや風習を大切にしている家族がお葬式を行った場合、お葬式で良かった遺族と形式的な葬儀を行った方が良い遺族がいるのが現状だが、生きている中で何回も葬儀を行う人は少ない中で費用を抑えたお葬式が良いのか、形式的な葬儀が良いのかどちらも経験しておく方が良いとはおもう。なぜならお葬式の費用が安いのには必ず理由があり、葬儀の費用が高いという理由も必ずある。

遺族がどちらを選べばよいかわからない時に、費用が安いお葬式を選びやすいという点である。

 

事故で急にお亡くなりになった場合は葬儀を行った方が良い

海や川で若い人がお亡くなった場合は葬儀を行った方が良い

大きな会社を経営されていた方がお亡くなりになった場合は葬儀を行った方が良い

政治家の方がお亡くなりになった場合は葬儀を行った方が良い

お寺で行う場合は葬儀を行った方が良い

家族が亡くなる事を想定できている場合はお葬式が良い

家族の関わり合いが少ない場合はお葬式が良い

家族が少ない場合はお葬式が良い

お葬式の費用をとにかく安くしたい場合はお葬式が良い

家族ではなく他人が喪主になる場合はお葬式が良い

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。