株式会社市民火葬協会

香典返しのマナーについて

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

香典返しのマナーについて

香典返しのマナーについて

2022/11/14

香典を受け取ったら、お返しをするのがマナーですよね。
いつどのようにお返しするのが良いのでしょうか。
そこでこの記事では、香典返しのマナーについて詳しくご紹介していきます。

香典返しのマナーについて

お返しのタイミング

香典返しの一般的なタイミングは、故人が亡くなられてから30~50日後です。
香典返しには、弔事が無事に終わったという意味合いが込められています。
そのため、忌が明けた後に贈るようにしましょう。
ただし宗教によってはお返しするタイミングが異なるため、事前に確認しておきましょう。

お返しの金額

香典返しの金額の目安は、頂いた香典の「半額程度」です。
カタログでお返しをする場合は、適切な価格帯を設定してお返しをしましょう。
なお、金額に見合わない物を贈ってしまうと失礼になります。
香典を頂いた時は、誰からいくら頂いたかをしっかりと記録しておくと安心です。

掛け紙

香典返しには、熨斗のない掛け紙を使ってください。
また、白と黒の水引が印刷された物を選びます。
表書きには、気持ちを表す「志」と書くのが一般的です。
「志」は宗教を問わずほとんどの場合に使えます。

まとめ

香典返しは、感謝の意を込めて贈る物でもあります。
そのため、タイミングや金額などに間違いがあってはいけません。
香典返しをする際は、丁寧に進めていきましょう。
当社にご相談いただければ、すぐに対応させていただきます。
迅速な対応をご希望の方は、弊社にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。