株式会社市民火葬協会

葬儀を自宅で執り行う場合に必要な準備とは

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

葬儀を自宅で執り行う場合に必要な準備とは

葬儀を自宅で執り行う場合に必要な準備とは

2022/11/16

葬儀を自宅で行う場合、どんな準備が必要なのか気になりませんか。
近年は葬祭場で執り行うのが一般的なため、家族葬はイメージしづらいと思います。
そこでこの記事では、葬儀を自宅で執り行う場合に必要な準備についてご紹介していきます。

葬儀を自宅で執り行う場合に必要な準備とは?

スペースの確保

自宅での葬儀を行うためには、棺を安置する場所と出棺するスペースを確保しなくてなりません。
例えばお棺の一般的な大きさは、縦200センチ×横60センチ×高さ60センチです。
そのため自宅で安置する場合には、約6畳程度の場所が必要です。
さらに祭壇を飾ることを考えると、さらに余裕のある広さを確保する必要があります。
もし必要な広さが確保できない場合は、家具などを移動させることも検しましょう。

ご近所への配慮

自宅葬をする場合は、ご近所への配慮も欠かせません。
例えば、弔問客や霊柩車などの出入りがあります。
普段とは違う人の出入りがあるため、ご近所にご迷惑をかけてしまうおそれも。
場合によっては弔問客用の駐車場を借りるなど、ご近所の方に力を借りることもあるでしょう。
そのため事前に挨拶をして、協力していただけるようにしましょう。

まとめ

葬儀を自宅で行う場合は、棺と祭壇を飾る部屋や場所を確保する必要があります。
またご近所の方に協力をしていただけるようにすると、滞りなく葬儀を進められます。
弊社では、自宅葬をはじめさまざまな葬儀の形式に対応しております。
葬儀を自宅で行いたいという方は、一度弊社までご連絡ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。