株式会社市民火葬協会

葬儀の種類について

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

葬儀の種類について

葬儀の種類について

2022/11/17

葬儀の種類は大きく分類して、一般葬・家族葬・一日葬・直葬の4種類です。
これらは葬儀の時間や参列する人数など、それぞれ異なった特徴があります。
そこで今回は、葬儀の種類についてご紹介いたします。

葬儀の種類

一般葬

一般葬は親族だけでなく、故人と関わりのあった方が参加できます。
近年では葬祭場で行われることが一般的ですが、故人の自宅で執り行われる場合もあります。
基本的には1日目に通夜、2日目に葬儀式や告別式を行うのが一般的な流れです。

家族葬

家族葬は、基本的には家族や親戚などの身内だけでひっそりと行う葬儀です。
故人とゆったりお別れの時を過ごせるため、気持ちの整理をつけやすいでしょう。
家族葬という名前がついていますが、家族や親戚以外でも参列が可能です。

一日葬

一日葬は名前の通り通夜を行わずに、一日で葬儀式から告別式を済ませる葬儀です。
参列者の都合が合いにくい場合や、喪主が高齢・遠方で体力や時間的に負担が大きい場合に行われます。

直葬

直葬はお通夜・葬儀式・告別式をすべて行わずに、火葬場にて行う葬儀です。
一番費用を抑えられる葬儀で、特に葬儀方法にこだわりがない場合に向いています。

まとめ

葬儀の種類は、一般葬・家族葬・一日葬・直葬の4つがあります。
故人の意向や葬儀の内容に合わせて行うことで、納得できる葬儀を実現できるでしょう。
ご遺体の搬送や葬儀をすぐに手配したいという方は、当社にご相談ください。
24時間対応可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。