株式会社市民火葬協会

生活保護でも葬儀はできるの?

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

生活保護でも葬儀はできるの?

生活保護でも葬儀はできるの?

2022/11/22

葬儀には多額のお金がかかるイメージがありますよね。
生活保護を受けている方にとっては費用が捻出できず、葬儀は無理だと思う方も多いのではないでしょうか。
今回は、生活保護を受けていても葬儀ができるのかどうかについて解説していきますので参考にしてください。

生活保護でも葬儀はできる?

結論から言うと、生活保護の方でも葬儀は行えます。
どのような方が亡くなった場合でも、火葬や埋葬など最低限の葬儀は行う必要がありますよね。
費用に不安がある方でも葬儀を行えるよう、生活保護を受けている方には国が費用の補助をしてくれる制度があります。
葬儀費用が捻出できないとお悩みの方は、一度地元自治体の窓口に相談してみてください。

直葬以外の葬儀をしたい場合は?

生活保護の方が補助を受けて葬儀を行う場合、その多くは「直葬」と言われる最も簡素な葬儀となります。
しかしこれでは味気ないと思う方も多いでしょう。
その場合は補助の対象からは外れてしまいますが、ご自身で費用を負担して少し豪華な葬儀にすることも可能です。
近年は多額の費用をかけなくても、工夫次第で費用を押さえつつ心のこもった葬儀を行える葬儀会社も増えています。
直葬でも葬儀のやり方によって温かい内容にできることもあるため、葬儀会社に相談してみるとよいでしょう。

まとめ

生活保護を受けているの方には国から葬儀費用の補助が出るため、葬儀を行えないということはありません。
費用面に不安がある方でも最低限の火葬や埋葬は可能ですので、この点はご安心ください。
もし最低限の葬儀では寂しいと思う方は、補助の対象からは外れるもののご自身で葬儀の内容を追加することも可能です。
近年はさまざまな葬儀プランが多くの葬儀会社から提供されていますので、まずは相談してみると良いでしょう。
『株式会社市民火葬協会』でも、低価格ながら温かみのある葬儀プランを多くご用意しております。
迅速な対応にも定評がありますので、お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。