株式会社市民火葬協会

納棺師の役割について

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

納棺師の役割について

納棺師の役割について

2022/12/05

葬儀に欠かせない、故人の旅立ちを見送る納棺師。
納棺師は、どのような役割を担っているのか知らない方も少なくないでしょう。
そこで今回は、納棺師の役割について解説します。

納棺師とは?

ご遺体の身支度を整えて、納棺までサポートすることが納棺師の仕事です。
納棺の儀に臨むご遺族に寄り添うとともに、ご遺体を棺に納めるなど死と向き合う特殊な職業になります。
「湯潅師」もご遺体の身支度を整える点では同じですが、納棺師は納棺の作業まで行います。

納棺師の役割

ご遺体を整える

葬儀社からの依頼でご遺体を火葬まで状態を管理するとともに、ご遺体のきれいに整えることが主な役割です。
遺族や参列者がご遺体に対面する時に、良い状態ではない場合や事故で損傷がひどい場合もあります。
ご遺族が心を痛めないように、ご遺体を清潔にするなどの対応が必要になるのです。
ドライアイスなどで体全体を冷やして腐敗を遅らせる、顔剃りや化粧するなどして遺体を整えてから納棺します。

お別れの時間を提供する

納棺師の作業中は、ご遺族にとって死と向き合う大切な時間です。
そのため、遺族も納棺作業に参加するように促すケースもあります。
故人と悔いのないお別れをするために、穏やかな雰囲気をつくりだすことも重要な役割です。

まとめ

納棺師は、ご遺体を整えて旅立ちの準備をし、ご遺族にお別れの時間を提供するのが主な役割です。
ご遺族に寄り添い死と向き合うお手伝いをすることで、悔いのないお別れをするためのお手伝いをします。
『株式会社市民火葬協会』では、搬送や葬儀など安心安全の対応をしておりますので、一度お問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。