株式会社市民火葬協会

ご不幸中のお年始ハガキのマナー

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

ご不幸中のお年始ハガキのマナー

ご不幸中のお年始ハガキのマナー

2023/01/02

本年度、身内が亡くなった場合、喪中はがきを親族や知り合いに11月~12月上旬頃にに発送致しますが、

12月にご不幸があった場合は間に合わない場合がございます。

それでも、12月上旬なら、喪中はがきが間に合う場合がございますが、12月中旬以降は年賀はがきを投函されている方もいらっしゃる為、無理なお話でございます。

その場合は、1月7日以降から1月末までに寒中見舞いのおハガキを投函し2月4日までに届く様に致します。

《例文》

寒中見お舞い申し上げます。

亡き○○(続柄・故人の名前)の喪中につき、年末年始のご挨拶を控えさせていただきました。
昨年中にお知らせ申し上げるべきものを、年を越してしまいましたご無礼の段、どうかお許し願います。

 

等のおはがきになります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

----------------------------------------------------------------------
市民火葬協会
〒061-2283
北海道札幌市南区藤野3条7丁目2-24
電話番号 : 011-206-7522
FAX番号 : 011-206-8246


----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。