株式会社市民火葬協会

ペットと人が亡くなった時

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

人が亡くなる時
ペットも亡くなる

ペットの火葬

2022/12/28

人が亡くなった時、ペットも亡くなることがある。高齢で一人暮らしの方が多い。飼い主が亡くなった後に餌も水もあるのにペットが亡くなるということがある。ペットにとっては、飼い主が全てだ。飼い主がそのペットの命を守っている。その飼い主がいなくなった時に人の後を追うようにペットも亡くなることがある。亡くなった人を発見した場合は先ずは、警察・大家さん・不動産会社の管理人に電話をする。ペットが亡くなっていたら、どうしたら良いのだろう?ペットが亡くなっていた場合は、自分の土地に埋める。過去マンションの土地に埋めていた方がいたが、監視カメラなどで撮影されていた。

そのためご遺骨を掘り起こす事になった。マンションは大家さんの土地なので亡くなったペットをマンションの木の下などに埋める事は当然できない。

市や町村なども同じく人の土地に許可なく亡くなったペットを埋めることは当然できないが、そのことをわからないので埋めてしまう人がいる。

ペットを自分の土地に埋めることができない場合は、費用はかかるが市町村でペットを火葬するところがある。

市町村の火葬場に行く場合は自分達で亡くなったペットを持ち込み手続きを行う事になる。

車がある場合と、亡くなったペットを触る事に抵抗がない場合は、合同火葬後にご遺骨も引き取ってくれる。

民間の業者の場合は亡くなったペットの状態が悪い場合も、その場所に直接来てもらい業者に任せる方が負担が少ない。

ただし、ペット火葬をする事で支払う金額とご遺骨を引き取る金額を確認した方が良い。

ペット市民火葬協会は、札幌市のペット火葬で最安値補償しているため札幌市で一番安くペット火葬が行える。

札幌市内亡くなったペットを無料で引き取り、ご遺骨は無料でお引き取りする為市町村とあまり変わらない金額でペット火葬が行える

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。