株式会社市民火葬協会

葬儀の場所はどこにするべき?

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

葬儀の場所はどこにするべき?

葬儀の場所はどこにするべき?

2022/11/20

身内の逝去は急に訪れる場合が多いため、葬儀の準備にはあまり時間を取れませんよね。
どういった場所で葬儀を行うか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。
今回は一般的な葬儀を行う場所にはどのような所があるのか、どこを選ぶべきかなどを解説していきますので参考にしてください。

葬儀の場所の種類

葬儀を行えるのは、主に以下のような場所です。
・公営斎場
・民営斎場
・寺院や教会
・自宅

どこを選ぶべき?

葬儀の場所を選ぶ時、多くの方はまず価格を重視すると思います。
価格で見ると、最も費用がかからないのは「自宅」です。
しかし自宅で葬儀を行うにはある程度の広さが必要になるため、あまり一般的ではないでしょう。
次に費用がかからないのは「公営斎場」です。
また「寺院や教会」も普段から檀家として付き合いがあれば、比較的費用がかからなくて済むでしょう。
とはいえ、こうした施設は多くの方が利用を希望するため、日程の確保が難しいケースもあります。

民営も視野に入れて見積もりを取ろう

近年は民営斎場も費用を抑えた小規模な葬儀を数多く提供しています。
どこで葬儀をすべきか迷ったら、ぜひ民営斎場も視野に入れてみましょう。
心のこもった葬儀を行って、故人を安らかに送り出してあげてくださいね。

まとめ

葬儀を行える場所には「公営斎場」「民営斎場」「寺院や教会」などいろいろな施設があります。
一般的に費用がかからないのは公営斎場ですが、葬儀の規模や参列人数によっては民営斎場でもさほど変わらないケースもあるでしょう。
事前にスタッフの対応や施設の内容なども見ておき、最も納得できる葬儀場をお選びくださいね。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。