株式会社市民火葬協会

札幌市でコロナで亡くなった方の葬儀

お急ぎの方・24時間受付011-206-7522
事前相談窓口(10:00~18:00)011-206-7302
フォームでのお問い合わせはこちら

札幌市でコロナで亡くなった方の葬儀

札幌市でコロナで亡くなった方の葬儀

2023/01/05

ある日のお昼頃、ご家族をコロナウイルスで亡くしたと言う方からお電話で相談がありました。それはとても切迫詰まった様子で、「うちの母がコロナで亡くなって、今病院にいるんですけど葬儀できますか!?」と言う様子でした。それもそのはず、どこの葬儀社に電話しても受け入れてくれなかったのだとか。
我々、市民火葬協会ではコロナで逝去された方のご葬儀も対応していますので、その旨お伝えしお電話でのお話を経て当社に依頼いただく運びとなりました。
コロナウイルスで亡くなった方を病院にお迎えに行く時は、さらなる飛沫感染を防ぐために病院で納棺をします。故人様のお身体は透明な袋にチャックがついた「納体袋」と呼ばれるものでお包みします。
その日は東徳洲会病院へのお迎えだった為、お棺と納体袋を用意して防護服を装着の上、故人様のお引き取りに向かいました。
無事納棺が完了し、病院から南区藤野ホールまで搬送させて頂きました。ご家族様のご意向は、飛沫防止のためもあり親しい人だけで故人様の顔を見てお別れするようなシンプルなご葬儀にしたいとの事でしたので、後悔しないお別れをして頂くためそのように施工させて頂きました。参列社の数は合計6名ほどでお2人様が3組来場することになっておりましたのでそれぞれお時間が重ならないよう来場時間を設定させて頂き、手指消毒のご協力、施設内の消毒は常に細かく行いました。なお、喪主様の一番の心配は、「最後に顔を見てお別れできるのか」と言う事でした。市民火葬協会ではコロナで亡くなった故人様のお顔を見てお別れできる葬儀をご提供しています。
棺の中で故人様をお包みしている納体袋は透明になっており、棺のお窓を開けると故人様のお顔を見ることができます。大切な方の最後を記憶に残してもらいたい。という気持ちで札幌市内のご依頼いただくお客様に接しております。
無事火葬まで終えることができ、喪主様はホッとしたと教えてくれました。急に家族が亡くなってしまったり、コロナウイルスで亡くなってしまったケースでは残された人の多くは動揺して色々な葬儀会社に電話をかけ、たらい回しにされるのが実状です。
最終的に市民火葬協会に行き着けてよかったですと、ありがたいお言葉を頂きました。
私どもも、困っておられた喪主様のお力になることができ大変安堵しております。
お母様のご冥福を心からお祈り致します。

【無料搬送】亡くなった場所に無料ですぐにお迎え
https://hp011-555-6195.com/muryouhansou/
【無料安置】葬儀プランが決まるまで10時間無料で安置
https://hp011-555-6195.com/muryouhansou/#anti

----------------------------------------------------------------------
市民火葬協会
〒061-2283
北海道札幌市南区藤野3条7丁目2-24
電話番号 : 011-206-7522
FAX番号 : 011-206-8246


札幌で家族葬のプランをご提案

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。